日本の医療がQOL(quality of life=生活の質)を大切に

日本の医療がQOL(quality of life=生活の質)を大切に捉える風潮にあり、製造業に代表される経済の爛熟と医療市場の大幅な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)は2000年代に入ってから脚光を浴びている医療分野だということは間違いない。
この国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみやシミが存在しない素肌を望ましいと思う美意識は現代よりも昔から広まっていて、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。
夏場に汗をたくさんかいて体内の水分の量が減ると自然に尿が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められるため、この過剰な水分が残ったままだと実はむくみの原因になると言われています。
明治時代の末期、外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風のファッション、洋風に使う化粧品・美顔術などを日本に紹介して、これらを新しく言い表す語彙として、美容がけわいという言葉の代わりに使われるようになったとされている。
女性誌や美容本には、小顔になる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、デトックスすることができる、免疫力の増進など、リンパを流しさえすれば何もかも思い通り!というような内容の謳い文句が軒を連ねている。

リハビリメイク

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、肉体的に損傷を負ってしまった人のリハビリテーションと同様に、容姿にダメージを受けた人がもう一度社会生活を送るために学習する技法という意味を持っています。
メイクアップでは傷などを目立たなくすることに重きを置かず、メイクを通じて最終的に患者さん自身が自らの外観を認めて、復職など社会に復帰すること、加えてQOL(クオリティーオブライフ)を更に向上させることが目的です。
中でも夜の10時~2時までの240分間は皮ふのゴールデンタイムと呼ばれ、お肌の生まれ変わりがより促進される時間帯です。この240分の間によく寝ることが一番良い肌の手入れ方法だと思います。
もうひとつ挙げると、皮膚の弛みに大きく結びつくのが表情筋。これは色んな表情をするたびに伸び縮みする顔の筋肉のことを指します。真皮に存在するコラーゲンと同じく、表情筋の力も年齢にともなって鈍くなります。
最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。頭皮(スカルプ)は髪の毛の悩みの種である「抜け毛」「うす毛」などにとても大きく関係すると同時に、フェイスラインの弛みなどにも影響しています。

女性誌や美容本には、小顔に美肌、痩身効果があるし、デトックスできる、免疫の向上などなど、リンパの流れを整えれば何もかもが叶えられる!という風なフレーズが踊っている。
細胞が分裂する活動を活性化し、お肌を生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の勉強などの活動している途中ではほとんど分泌されなくて、夕食を終えて身体を休め穏やかな状態で出ると言われています。
サプリメントなどで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の隙間にたくさんあって、水分を保ったり衝撃を和らげる緩衝材の役割を担って細胞を護っていますが、年齢を重ねるに従い体の中のヒアルロン酸は徐々に減少していくのです。
顔などの弛みは不必要な老廃物や脂肪が蓄積することで徐々に促進されます。リンパの流れが停滞すると色々な老廃物が蓄積し、浮腫みやすくなり、余分な脂肪が溜まりやすくなり、たるみの主因になります。
メイクアップの欠点:泣く時にあたかも修羅のような怖い顔になる。うっかりミスしても下品になって自爆する羽目になる。顔の造形をごかますのには甚だ苦労する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする